受講者の声

通信教育だからこそ最後まで計画的に学習に取り組めました!(本部より)

日本画指導者育成会の通信講座を受けようと思った理由は、生涯を通じて自分を磨き、自分を表現できるものとして奥の深い日本画を選びました。
日本人としての誇りとなるものが欲しかった。
以前にも他の通信コースを受講したことがあるのですが、未知の部分が多くて習得しきれずに、中途半端な状態で止まってしまいました。
もう一度チャレンジしたいという気持ちがあって、この「日本画の彩色技法」に出会いました。
課題のチェックシートが付いているので、最初から最後までの彩色工程が確認でき、作品が完成に近づくにつれ感動が生まれ絵を描く自覚が生まれ、今では描くことが楽しいです。

という声が寄せられています。

自分で日本画を描けるなど思いもしておりませんでした

日本画のことは何もわからず友人の誘いで受講させて頂きました。絵具の溶き方からニカワの扱い方を教えていただき、手順通りに進んでまいりますと、一ヶ所、一ヶ所ずつ、次第に絵が出来てきて自分でもびっくりしてしまいました。
出来上がった時の喜びと感動はひとしおでした。
「誰でも描けるようになりますよ。」の木村先生のお言葉通り、スムーズに描けたことは、私にも絵が描けたという小さな自信をいただきました。お陰で今も楽しんで続けさせて頂いています。

絵を描くことが大好きでした。時間が持てるようになったので、自分のライフワークとして日本画に取り組みプロを目指します。

顔彩とニカワを用いて絵を描くのは初めての経験でしたので、課題の作品が完成したのを見て自分でも描けるという自信と満足感を味わうことができました。白椿、牡丹、薔薇、すみれとテキストに従い、描きすすめていくと日本画に必要な彩色の基礎的技術を十分、習得することができました。
現在は習得した技術を土台として身近にある花や果物をスケッチし、自分の思いを日本画で表現することに喜びを見出しております。

彩色の悩みがなくなり、日本画を楽しむ気持ちを取り戻しました

私は今まで油絵を描いておりましたが、日本画の彩色のすばらしさに魅せられ、描いてみたいと思うようになりました。
そこで、最初はお教室に通いました。お教室では初心者には模写させて、好きな作家の絵を見ながら彩色していきますが、お教室の先生からの指導はあいまいで、分からないところは自己流で塗ってしまい、日本画本来の美しい彩色表現が出来ませんでした。


木村先生の指導法に出合った時、今まで苦しんでいたことが嘘のように消え、以後悩むことがなくなりました。DVDの解説は大変分かりやすく、テキストを見ながら進めていくと、ビックリする程美しい一枚の絵に仕上がりました。
その時の感動は今でも忘れません。二枚、三枚と進むにつれて、彩色の新たな体験に次々と出会い、そして発見の連続でした。彩色の基礎を十分に習得し、今ではそれを応用して自由に楽しんで描くことができるようになったことは、私の宝となっています。
時間がなくてお稽古に行けない人、みんなと一緒でははずかしくて筆が進まないと思われる方にも、お奨めしたいと思います。

まずは資料請求

入会申し込みはこちらから

入会申し込みハガキのほか、インターネットからも受講のお申込みが可能です。

入会申し込みはこちらから

気になる方は、まずは資料請求を!